世代を超えた仲間と共に

大正15年4月創部。
多くの卒部生を排出している 北海道旭川商業高等学校 吹奏楽部。
卒部後、過ごした時代が違えど、同じ部に所属し同じ目標に向かって日々学生生活を過ごしてきた者同士交流を深め、
私達がそうであったように、日々頑張っている現役生徒の姿を見る事で、当時の自分を思い出し応援をして行きましょう。

設立の主旨

北海道旭川商業高等学校吹奏楽部OB・OG会は、2012年に旭川商業高等学校吹奏楽部の卒部生が、相互の親睦を深め、母校の吹奏楽部活動の支援を目的として発足しました。

OB・OG会設立の主旨
歴 史

北海道旭川商業高等学校吹奏楽部は、大正15年4月に音楽部としてハーモニカを中心として設立された。顧問は立教大学出身の吉本孝義先生であった。その後昭和3年6月に軍事教練用のラッパを手に入れ、ブラスバンドが正式に編成された。当時道内には旭商のような旧制の中等学校は30校ほどあったが、ブラスバンド関係のクラブは皆無であった。

旭川商業高等学校吹奏楽部の歴史
創部90周年記念演奏会

創部90周年事業として、2016年12月11日 一夜限りのOB・OGスペシャルバンドを結成し総勢145名に加え、現役部員93名が賛助出演し、旭商パワーが発揮された演奏会を行いました。

時代を超えて、今響く旭商サウンド

ニュース

祝 第95期 GODSPEED!の代 入会

第95期 GODSPEED!の代 22名が私達の仲間に入りました。 昨年同様、新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を受け、部員の健康と安全を最優…

第8回総会・懇親会終了のお知らせ

令和元年6月29日(土)18:00より旭川トーヨーホテルにて総会・懇親会を開催し多数のOB・OGの方々にご出席頂きましてありがとうございました。総会で…

ニュース一覧

お知らせ